AMOS全自動麻雀卓について 
ABOUT AMOS AUTOMATIC RIICHI MAHJONG TABLE

全自動麻雀卓の日本NO1シェア。35年の実績と品質の全自動麻雀卓。
JAPAN NO1 BRAND AMOS AUTOMATIC MAHJONG TABLE since 1988

大洋技研AMOSの全自動卓は、中国工場からの搬入される麻雀卓の、天板の反り、エレベーターの歪み、モーター、センサー部など、和歌山の直営工場の職人技師の手によってによって、調整、検品されてから出荷されます。この日本での工程を経ることでAMOS製品は故障が少なく、耐久性に優れた品質をうみ出しています。

All automatic Riichi mahjong table of Taiyo Giken AMOS is adjusted and inspected by the technician at Wakayama factory in Japan, such as the table top wrap, the distortion of the elevator, the motor, the sensor part, etc. of the mahjong table brought in from the Chinese factory. It will be shipped after it is done. Through this process in Japan, AMOS products have few trouble and have excellent durability.



中国式麻雀卓は中国の麻雀をするために作られていますが、AMOSは日本の麻雀専用に作られているので、とても使いやすい設計です。


AMOS全自動麻雀卓と中国式麻雀卓の違い


中国式の麻雀卓にはリーチ棒を置く場所がありません。AMOS全自動卓は、牌を流す時にリーチ棒が間違って機械内部に入り故障や手間の原因にならないようリーチ棒置き場が確保されています。


中国式麻雀はチップを使うので引き出しが深くなっていて、点棒を使う日本式麻雀で遊ぶにはとても取り出しにく、また引き出しの隙間から点棒が内部へ入ってしまいます。AMOS全自動卓は日本の麻雀専用の設計なので、内部のしきりへ点数ごとに収納でき、点棒を出し入れしやすい構造です。


中国式麻雀は捨てた牌を並べません。中央の牌の流し口が円形なので、日本式麻雀用には使いにくく、また流し口部分がプラスチックのため捨てた牌で傷がつきます。そこに欠けなどが生じると、そのせいで牌まで傷がついてしまいます。AMOS全自動卓は流し口部分を6枚が1列に並べられるようなサイズで作られています。


この中央の流し口部分には、親の表示、積み場の表示、流し口の開閉、サイコロなどの機能が全てありますが、万が一、故障の際でもこの部分だけを簡単に交換することができます。


またほとんどの中国式麻雀用テーブルは、故障の時にアフターケアがなく、パーツ交換に対応していませんが、AMOS卓は大洋技研AMOS全自動麻雀卓米国総代理店よりアメリカ在住のお客様のカスタマーサポートを日本語で受けることができます。