マナーとはお互いが気持ちよくおつきあいするためのものです。

必要なマナーとその理由
​1 ツモまたは打牌のときに牌を卓に叩きつけない
     → 威嚇、挑発行動にみえます。また機械や牌が壊れる原因になるのでやめてください。
2 不明瞭な発声(ポン・チー・カン・ロン・ツモ)
     → 発声が聞こえないと他の人が次の行動をして混乱します。
3 打牌の時に牌を呼称する
     → 他の人の間違いを誘発する行動です。
​4 一度河に捨てた牌を戻す
​     → 捨てるアクションの後に牌の一部が河についたら戻せません。捨てた、捨てないというトラブルになるからです。
5 捨牌を六列三段で並べない
​     → 捨て牌をきちんとならべて下さい。6列3段で捨てる事でお互い順目を確認できます。
​6 手牌に関することを口にする
     → 自分の手牌に関することは、どういう理由であっても三味線行為にあたります。
       また他の人の手牌に関することは、気づいていない人への注意喚起ともとられ結託行動のように映ります。
​ 他の牌を手に持って打牌する(複数牌を持って切ってはいけない)
​     → いかさまをする人に多い行動です。無用な誤解を招かないように。
8 先ヅモ
​     → 上家が捨て終わる前に手を伸ばすと、捨てた牌がその手に隠れて他の人が見えづらくなります。
       誰かが鳴いた場合に先ヅモした牌を戻す時、それが本物かどうか疑われる原因にもなります。
       また先ヅモで確認した牌より、上家の捨てた牌がよい場合は戻してポン、チー、カンするなどの行動もできるので
       先ヅモ・山に触れた人は上家の打牌に対して一切のポン・チー・カン・ロンができなくなります。
9 暗カンを右端に出さず手牌に入れたままにする
     → カンは4枚揃っているかきちんと明示し右端へ置きます。手牌の中へいれておくと数牌のカン材を使って手を
       構成できるからです。また字牌のカン材を安牌として切る可能性も想定されるので紛らわしい行動になります。
10 リーチ後に他の人の手牌または裏ドラをみる
     → リーチ後には手が変えられないからと言う人がいますが、競っている状況で裏ドラがのっていなかったらあがらない、
       他人の当り牌だったら放縦しないようにカンをするという選択肢などがあるため見てはいけません。
11 故意にみせ牌をする
     → 故意のみせ牌には情報を撹乱させる目的があるためです。
12 他家のアガリに対してと批評、口出しをする
     → 他の人は自分と同じ考えではありません。善意からのアドバイスでも悪意にとられかねないケースがあるので、
​       どのような場合でも口出しはしないよう心がけましょう。
13 ゲーム中に見苦しい態度をとる
     → ゲームの勝敗によってふてくされたり、上機嫌だったりするのは、他の人にとっては面白くないものです。
14 歌ったり口笛をふいたりする
​     → 他の人に合図を送っているようにとられかねません。

マナーは、基本的には同卓のプレイヤーへのリスペクトです。  

 

15 リンシャン牌おろしてからドラをめくりましょう。
     → リンシャン牌は落ちやすいので、ドラをめくる前に山から降ろしましょう。
       降ろすことが目的ではなく、落ちて見えてしまいカンの判断材料、情報となるのを防ぐことが目的です。
16 牌山は対面がとりやすいように推牌(山を前にだすこと)をしてあげましょう。
     → 自分も対面が遠いと取りにくく、全体のゲームのスムーズな進行を困難にします。
17 ツモった牌は手牌へ入れず一番右に置いて考えましょう。
     → 気づかずに聴牌している場合もあります。その時に手牌へ入れると符がつきません。また毎回のツモ牌を手の
       中へ入れて考えると時間がかかります。普段から右に置いて考える習慣をつけましょう。
18 牌山が短くなったと中央へ向かって少し動かしましょう。
     → 自分の前の牌山が少なくなり、左に寄りすぎていると、隣の牌の奥になっていて取りにくいです。
       指があたって山を崩すこともあるので中央へ向かって少し動かしましょう。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

  • Instagramの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸
  • ホワイトYouTubeのアイコン
15225 S Western Av e #104 Gardena CA 90249